歯医者で虫歯を治療|歯のトラブルを解消して生活への悪影響を防ごう

目立ちにくい歯の矯正

歯型

小さいころに歯が抜けるというのは誰もが経験することだともいえます。ですが、歯が生え変わるタイミングが大きくずれると歯並びが悪くなってしまうという現象が発生する可能性があります。歯並びが悪いと食事をする際に嚙合わせが悪くなってしまったり、歯を見せる際にコンプレックスを感じてしまう人も多いでしょう。歯を矯正するための治療方法はいくつかありますが、その中でも多くの人に人気を得ているのがインビザラインという治療法です。この治療法は1999年に海外で開発されて、現在では世界の80か国以上が採用しています。現在では治療を受けた患者が320万人を超えた信頼性のある治療法です。
透明なマウスピース型の器具を装着していくのがインビザラインの特徴となっています。長い期間、装着しないといけない点と自己管理が大変というデメリットもありますが、矯正装置が目立ちにくくいつでも取り外せるというメリットもあります。従来の矯正装置は金属性のものが多く人によってはアレルギー反応を起こして矯正ができないということもありましたが、インビザラインはそのようなことも少ないです。また、通院をする回数が少なく痛みもほとんどないためスポーツにも安心して専念することができます。インビザラインを使っての矯正治療は約1年から2年といわれており、矯正を行なう歯の数が多いほど時間がかかってきます。軽度の矯正であれば短期間で矯正を行えるのもメリットの1つです。